楽しく通える未就学児向けの人気習い事3選

未就学児が習い事に通うメリットとは

教室ではどんなことをするの?

リトミックは元々スイスで生まれた音楽教育の手法で、現代では未就学児向けの習い事として多くの子が通っています。
リズムや音楽に合わせて動いたり、手を叩いたり音と身体の動きを連動させて楽しみながら行います。
身体さえあれば特に道具なども必要ありませんので、気軽に始めることが出来る習い事です。
お母さんと一緒であれば0歳から通うこともでき、リズムに合わせて身体を動かして上げます。
スキンシップを沢山とることができ、一緒に楽しむことが出来ます。
基本的に未就学児専用の習い事ですので、6歳までで終了となります。
その後はお子さんの興味や希望に合わせてダンスや歌、ピアノなどの楽器などの習い事に移行していくのも良いでしょう。

リトミックに通うメリットとは

リトミックに通うメリットはまずリズム感がつくということです。
音楽やリズムに合わせて身体を動かすことがメインになりますので、自然に音感やリズム感を身に付けることが出来ます。
またリトミックの中で音に反応して身体を動かしたり止めたりするレッスンがありますので、これによって集中力を高めることも出来ます。
その他にも音楽を聞きながら身体で表現するというレッスンでは想像力や表現力を高めて感性を豊かにすることも出来ます。
能力以外の面で見ると、特に道具などがいるものではありませんので家でもレッスンで行ったことを真似して行うことが出来ることや、お母さんやお父さんと一緒に参加して一緒に楽しむことでお子さんとの関係性がより深まるといった魅力もあります。